BLOG ブログ

6年間眠らせた帽子をリメイクして生き返らせよう

ブログ担当:小枝 沙織(DESIGNER)

こんにちは。エディこと小枝です。
 
 
さて。
DIYの投稿が多い私ですが、
次なるテーマは“リメイク”です。
前々からやってみたいと思っていた、「タイダイ染め」に挑戦してみます。
 
 
タイダイって、タイ Tie(を縛る)+ダイ Dye(染める)から引用された
絞り染め風の総称として使われている言葉です。
 
 
が、しかし、今回わたしがやりたいのは、
タイダイ染め独特のムラや様々な色が着色されている雰囲気…、をイメージした
エモーショナルでニュアンスな染め物。

 
エモーショナルでニュアンスな染め物。
 
 
大事なことなので2度言ってみました。

 
ニュアンスだのエモーショナルだの、
色々ワードが出てますが、
要するに決まりなんかなくて「曖昧な」デザインにしますってことです。

 
 

では。始めます。

今回リメイクするアイテムはこちら
 

6年前、フェス参戦用に買いましたが、 白い帽子って、なんだか変に浮いてしまう気がしてそのままクローゼットの肥やしに(笑)
 
 
白いキャンバスと言わんばかりにお誂え向きなこの子を
エモーショナルでニュアンスな染め物にしていきます。
 
 

必要な材料は、こんな感じで非常にシンプル。
すべて100円ショップで揃います。
 
 
好きな色のアクリル絵具と、ソースボトル、手袋。以上。
(ちなみに私は手袋しゃらくせーってなって使いませんでした)
 
 

染めて行きまーす

まずは、帽子を濡らしてよく絞ります。

 
 
染めたい色を調合して

 
 
あとはエモーショナルに染めていきます。

 
 
タイダイ染めの場合、縛ってから着色していくので
色が入る部分や模様がランダムになるのが面白い染め方ですが
今回は、どこにどんな風に色を入れるか目算しながら染めていくので、自分次第感がとても楽しい!
 
 
染め終わったら、よく乾かしてから洗濯機で洗います。

 
この時点で、まあまあ可愛いですね。
アクリル絵具は乾く時によく色が入るそうです。
色が入りすぎても派手だし、
せっかく作ったグラデーションが消えてしまっても勿体ないし
ドキドキです。

 
 

ついに、完成!

なんだかんだ渇き待ちやら洗濯やらで、
1日半かかったエモーショナルでニュアンスな染め物の完成がこちら!

 
 
めっちゃかわいいー
 
 

 
 

 
 
はじめての割には良くできたと思います。
多色にしたのでファッションのアクセントにもなるし重宝しそう。

 
 

やってみたらすごく簡単で楽しい

前からやってみたいとは思いつつ、
なかなか手が出せなかった染め物ですが、いざやってみると楽しいし
なぜ早くやらなかったんだーと軽く後悔(笑)
 
 
クローゼットの肥やしも、日の目が見れて心なしか嬉しそう。
 
 
やってみると楽しかった関連で、オマケにもうひとつ。
今回の染め物の工程をTikTokで動画にしてみました!
 
 
こちら
 
 
読み上げ機能が気になっていたのでここぞとばかりに使ってます。
いやー。かなり精巧。
 
 
TikTokは見る専門で投稿したことがなかったので
今回はじめてアプリで編集してみました。
 
 
いや、これ、むずい!!!(笑)
何度編集ソフトに逃げそうになったことか。
 
普段何気なく見ている動画が「こんなに大変な編集のうえでできているコンテンツなのか」と
TikTokerの努力を痛感しました。
 
 
これもやってみてわかったこと。
 
 
今後も、やってみたいなーっと思ったことはなるべく挑戦していこうと思ったエディでした。
 
 
やってみてよかったー。
 
 
 
 
おわり

この記事を書いたのは

DESIGNER

小枝 沙織

小技をきかす小枝です。
生活にかかわるすべてのモノコトに対してていねいに。
日本のおだし文化で育ったからこそ、
見えない素材も大切にかんじ、ゆっくりじっくり表現します。

小枝 沙織の他のブログはこちら

小枝 沙織の実績はこちら

CONTACT

閉じる

お問い合わせ

Let's
03-3555-7760 受付時間は平日10:00~19:00まで

お電話

御社名

{{companyerr}}

ご担当者名

{{nameerr}}

メールアドレス

{{mailerr}}

お電話番号

※差し支えなければご記入ください。担当者から折り返しお電話いたします。

お問い合わせ内容

{{bodyerr}}

モノトライブをどこで知りましたか?

PAGE TOP