BLOG ブログ

画材、使ってみた~ガラスペンって美しい!

ブログ担当:板垣 央(ENGINEER,ILLUSTRATOR)

こんにちは、ハカセこと板垣です!
 
モノトライブブログ第二回、今回はイラスト担当の私が「ガラスペン」を紹介したいと思います。
 
 
ガラスペンってどんなもの?
みなさん、ガラスペンって、実際に使ってみたこと、ありますか?
名前は聞いたことがあっても、使ったことがある人はなかなかいない……むしろ、実物を見たことすらない画材なんじゃないかな、と思います。
 
ガラスペンは、その名の通り、ガラスでできたペン。
こんな感じのものになります。

分かりますかねー、これ……。
本体が透明なので、なかなかキレイな写真が撮りにくいんですよね。


これなら分かりますか?
 
どうですか、この美しさ!
 
 
「ペン先だけがガラスで、軸は木製」という量産品もあるんですが、基本的には、全てがガラスでできた一点物になります。
いわゆる、工芸品ですね。
画材としての描き味もさることながら、眺めているだけでも楽しい、それがガラスペンの魅力の一つだと思います。
 
ガラス製なので、落としたらそれで終わり、という怖さもあります。
またこいつが、机の上で転がるんですよね……。
普段はケースに仕舞っておいて、ここぞというときに取り出して使うイメージ。
お店でも、ケースと一緒に売っている場合も多いです。
 
ガラスペンは、ペン先に細い溝が入っていて、そこにインクが溜まる仕組みになっています。
液体のインクなら何でも使えます。
私は、万年筆用のインクを使用しています。

万年筆インクって瓶が美しいものが多いので、つい集めたくなっちゃうんですよね。
コレクターズアイテムとしても、おしゃれ!ですし。
 
 
ガラスペンってこんな描き味
さて、実際の描き味はどうなんだ?
とお思いでしょうが、これがけっこう、色々な表情が出せて面白いんですよ。

ちょっと、ペンと筆の中間みたいなタッチで、面白いでしょう?
 
ガラスペンは、もちろんガラスでできているので、それ自体には柔らかさがありません。
つまり、この線の強弱は、筆圧というわけじゃないんです。
ペンの倒し方や、インクの溜まり方で強弱を付ける感じ、と言えばいいでしょうか。
溝にインクが溜まっているだけなので、インクをいっぱい付けるといっぱい出てくる……ということなんですが、それだけではないアナログなファジーさがあって。
自分でもコントロールできない予測不能な描き味になるのが、またワクワクします。


これはインクの種類にもよりますが、ベタの部分が滲んで水彩のような表情になるのも面白い。
そもそも、粘度のあるインクはガラスペンに吸い上げられないので、インク自体にこういった濃淡の表情がある、サラサラしたものを使用するのが一般的。
そうすると、ベタ面にこういう濃淡がつくんですね。
これはなかなか、デジタルでは出せない味です。


ペン先の側面に彫られた溝にインクが溜まっているので、寝かせて使うとそのまま太い線が描けます。
「硬いガラスのペンで描いた」って、言われなければ分からないと思いませんか?
こういう細い線と太い線を、同じペンで一度に描ける画材って、なかなかほかにはないと思うんですよね~。
 
こんなかんじで、ガラスペンは、
 
見て楽しい、
 
描いて楽しい、
 
持ってるだけで楽しい。
 
そんな画材だと思います。
 
 
まとめ
さまざまな画材を使うことは、そのままイラストの引き出しが増えることにつながります。
一つの画材を突き詰めるもよいですが、新しい画材に手を出してみるのも、新しい発見につながってワクワクします。
 
仕事で描くイラストの多くはデジタルですが、私はやっぱりアナログが好きで、 できるだけ「紙に手で描く」という原点を忘れないようにしようと思っています。
そうしてイラストを描くのも、デザインをするのも、コードを書くのもすべては「ものづくり」。
そんな、「ものづくり」の感性を失わないように、これからもいろんな画材を試して、いろんな引き出しを増やしていきたいと思います!
 
ガラスペンのイラストが気になった方は、
イラストのご依頼もお待ちしてます!(←宣伝)
 
 
ガラスペンで作品を作りました!

「ガラスペンふたたび」

 
 
その他の画材も扱っています!

#2「竹ペンの他にはない描き味」
#3「筆と墨」
#4「なまえペンで靴にお絵かき」
#5「ガラスペンふたたび」
#6「スクラッチアートに挑戦」
#7「スクラッチアート・Revenge」

この記事を書いたのは

ENGINEER,ILLUSTRATOR

板垣 央

コードもイラストも。 かくことにはかかせません。
使用しているのはHTML/CSS/JS/PHPなどで、主にフロントエンドを担当。
美大出身・10年以上のデザイナー経験を活かして、デザインチームのサポートも行っています。
なかでもイラストは得意分野。精密なイラストから水墨画、水彩、マンガのイラストまで、業務・趣味問わずいろいろ描いています。
イラストのご依頼もお待ちしています!

板垣 央の他のブログはこちら

板垣 央の実績はこちら

CONTACT

閉じる

お問い合わせ

Let's
03-3555-7760 受付時間は平日10:00~19:00まで

お電話

御社名

{{companyerr}}

ご担当者名

{{nameerr}}

メールアドレス

{{mailerr}}

お電話番号

※差し支えなければご記入ください。担当者から折り返しお電話いたします。

お問い合わせ内容

{{bodyerr}}

モノトライブをどこで知りましたか?

PAGE TOP