BLOG ブログ

グルーガンでランプシェードをつくってみた

ブログ担当:小笠原 玲子(DIRECTOR)

こんにちは。レイチェルこと小笠原です。

 

このブログを書いた前日は十五夜!
8年ぶりに満月と同日ということもあり、
家で持て余していたグルーガンで満月をイメージしたランプシェードをなんとなく作ってみました。

 

グルーガンはこちらの100円ショップで売っているものを

ランプは10年前くらいに京都旅行へ行った時に和紙でつくったこちらをベースに

 

 

 

それではつくっていきまーす

とりあえず、ランプの球体をクッキングシートでぐるぐる巻きにして、その上にグルーガンでニュルニュルやればそれっぽくなるかなと、わりと無計画にLet’s Tryの精神でやってみました。

が、初っ端から苦戦!

クッキングシートがツルツルすぎてうまく球体を包めない!!

ぐちゃあ

 

 

 

現場の見方!養生テープを駆使して、予定5分のところ30分ほどかけてようやく包みました。(ちょっと歪)この時点で22時

 

ここからが本番!グルーガンでニュルニュル巻いていきます。

気分的にはかき氷屋さんがシロップかけてるテンションです。

 

5分くらいやってこんなかんじ。

 

そして気が付きました。

 

全部覆うのにめっちゃ時間かかるやつ!!!!

※この時点で22:30ごろ

 

 

しかし始めてしまったからには後には引けません。

無心で頑張ります。

にゅるにゅる

にゅるにゅる

変化が地味すぎる!!!

 

途中からはカマキリの卵に見えてきたので、

「私はカマキリ」と心の中で唱えながら無心でぐるぐるにゅるにゅると

黙々と作業しました。

24時すぎ、最後のグルースティックを使い切りようやく完成!

 

やっぱりカマキリの卵

 

 

 

 

中のベースとクッキングシートを取り除き、

電球に被せてみます。

意外と良い感じに仕上がりました。

丸の形が歪ですが、次回の課題ということで、今回は夜な夜な頑張った自分を褒めてあげようと思います。

 

制作中に、様々な卵について妄想を巡らせていたので、
次回は何かの卵をテーマに何かを作ってみようと思います!

この記事を書いたのは

DIRECTOR

小笠原 玲子

根拠はなくても、いつもポジティブ
イベント企画 / 制作のフィールドから転身してきました。
同時並行で色々考え、無理なく事故なく進行することにやりがいを感じるディレクター。
絵画や動画制作も少々。
円滑なコミュニケーションで良質なクリエイティブにつなげます!

小笠原 玲子の他のブログはこちら

小笠原 玲子の実績はこちら

CONTACT

閉じる

お問い合わせ

Let's
03-3555-7760 受付時間は平日10:00~19:00まで

お電話

御社名

{{companyerr}}

ご担当者名

{{nameerr}}

メールアドレス

{{mailerr}}

お電話番号

※差し支えなければご記入ください。担当者から折り返しお電話いたします。

お問い合わせ内容

{{bodyerr}}

モノトライブをどこで知りましたか?

PAGE TOP