学校法人 日本教育財団東京通信大学 様

ブランディング
  • Webサイト
  • CI
  • オリジナルキャラクター造形
  • PR動画

プロジェクトの本質を読み解き最適なブランディングを行う

※Web制作会社年鑑(WD Year Book 2018)より転載

■課題背景:ゼロベースからのクリエイティブに多彩なアイデアでコアを創造する

「要素がなにもないゼロベースからのスタートという困難な制作を、素晴らしい状態でランディングしてくれた」と語るのは、東京通信大学 企画室次長 渡辺生記さん。「依頼時は、まだコンセプトやアウトプットのトーン&マナーなどが確定していない状態。Webサイト制作がほぼすべてのスタートとなった。モノトライブからは『これまでにない大学を創る』という巨大なプロジェクトを多方面から考察し、多彩なアイデアを提案してもらえ、Webサイトだけでなくクリエイティブのコアを創り、同大学のブランドを方向付けてもらえた」と振り返ります。

東京通信大学は「オンライン大学」という新しいコンセプトを掲げ、モード学園など専門学校を多く運営する日本教育財団が2018年4月に開学した初めての大学です。そのプロジェクトにモノトライブが参加したのは、大学名も仮称だった2年前のこと。「コンペの声かけをしたのは、以前のモード学園のWebコンテンツ制作の案件が印象に残っていたからでした。

RFPに沿う制作だけでなく、そこからニーズとウォンツを分解し、真に求められているクリエイティブのアイデアを提案してくれた。そのコンテンツは今も使い続けられていて、学園のブランディングに貢献しています。

今回もほぼゼロベースからの制作ということで、課題の本質を読み解きクリエイティブで解決するモノトライブの仕事の取り組み方なら、東京通信大学のブランディングにプラスになるはず、と考えました」と同大学設立準備室主事の大隈佳子さん。その期待に応え、Webサイトを中心にさまざまな提案を盛り込んだモノトライブ案がほぼ関係者全員の票を集め依頼が決定。

一方で、不安視する声もあったそう。「モノトライブは6人と規模が小さい会社。しかし提案の規模はコンペで最大級だった。『本当にすべてできるだろうか』という不安も結果的に杞憂に終わりました」と大隈さん。

■目標戦略:クリエイティブに確固たる軸を立てぶれることのない提案でプロジェクトを牽引

「モード学園などとはカラーが違うクリエイティブを目指しつつ、学ぶ人に『あなたの未来が見つかる』という日本教育財団らしいメッセージを打ち出したかった」と話すモノトライブの阿部悌久さん。渡辺さんも「専門学校はその分野を志す人に刺さるメッセージを打ち出せば良い。
一方、大学は門戸が広く開かれている。コアなターゲットがないに等しい。ユニバーサルでありながら、特徴を訴えるクリエイティブに苦心してもらった」と話します。

開学までに提案されたアイデアは数え切れないほど。議論を重ね「東京通信大学」の姿を創り上げました。
現在は「開学後のブランディング」という新たなステージに、チームでひとつとなって挑んでいます。

「RFPにはなかったCI やキャラクターなども積極的に提案してもらえた。それが東京通信大学をよりわかりやすく、多くの人に認知を促す触媒となった」とは大隈さん。定例会議では紆余曲折を繰り返すこともあったが、時にモノトライブがファシリテーターとなり、ブランディングを牽引するシーンもあった。「東京通信大学の社会的意義やねらい、本質を理解し、確固たる軸をつくってくれたからこそ。期待以上の役割を果たしてくれた」と大隈さん。

■成果今後:「真に必要とされるもの」を積極的に提案発信したアイデアはすべて実現する

Webサイト制作だけでなく、インターネットから動画で学ぶ大学という意味を込めたCI、バーチャルだけでない繋がりを感じてほしいと創作したキャラクター「TALC」など、モノトライブの提案で実現した要素も多くあり、そのすべてがクリエイティブ全般の基準、コアとなりました。

その他、大学の特徴と学び方を解説する動画制作も担当。「コンペ時の提案内容だけでなく、プラスアルファの要素まで他社と連携してすべて実現してくれた。チーム組成が適材適所で、ディレクションも的確。強いパイプを各方面に持ち、それをまとめ上げる求心力もモノトライブの強みと感じました」と大隈さん。ユーザビリティに配慮しつつ、メッセージを確実に伝えるWebサイトは、求められた成果も創出。

「重要な初年度の募集では、目標数を早期に集めることができた。在学生の年齢・住んでいる場所・ネットリテラシー・学ぶ目的は本当に多様です。これはWebサイトのメッセージがあらゆる層に浸透したという証拠ですね」と大隈さん。

「開学は果たしましたが、これからも大切。東京通信大学のブランディングは次のステージに入ります。今後もさまざまな企画、メッセージングなどで力を借りたい」と渡辺さんは大きな期待を寄せていました。

学校法人 日本教育財団東京通信大学

学校法人日本教育財団は、東京都新宿区・大阪府大阪市・愛知県名古屋市およびフランス共和国パリ市で10校の専門学校、1校の通信制大学、1校の専門職大学を運営する学校法人。

CONTACT

閉じる

お問い合わせ

Let's
03-3555-7760 受付時間は平日10:00~19:00まで

お電話

御社名

{{companyerr}}

ご担当者名

{{nameerr}}

メールアドレス

{{mailerr}}

お電話番号

※差し支えなければご記入ください。担当者から折り返しお電話いたします。

お問い合わせ内容

{{bodyerr}}

モノトライブをどこで知りましたか?

PAGE TOP